コンプレックスに捕らわれない|わきが治療で解決

ナチュラル志向の方へ

バスト

最近のインプラント法

乳房再建は健康保険の適用が可能になりましたので、従来よりも受けやすい手術方法になりました。特に、乳房再建の1つであるインプラント法はさまざまな工夫が施されていて利用しやすいものになっています。これまでのインプラント法は人口乳房を入れて胸のふくらみを取り戻すというものでした。しかしながら、最近ではアンダーバストを少しだけ切ってシリコンバッグのように乳房の形をしたインプラントを入れる方法も登場しました。仕上がり具合が非常に自然であるため、需要が高まっています。全身麻酔を施しますので、痛みも感じることがありませんし、入院も不要で日帰りが可能です。施術自体1回で済みますし、追加で料金が発生することはありません。

乳輪と乳頭の再建

乳房再建の中には乳輪の再建もすることができます。その方法としては入墨の方法があります。入墨はさまざまな色を選ぶことができますので、自分の好みの色の乳輪を再建することができます。1回の施術で終わりではなく何回も色を重ねながら色を濃くしていきます。この施術にかかる期間としては10ヶ月程度です。また、植皮による再建もあります。これは太ももなどの比較的黒ずんだところの皮膚を植皮することです。乳頭の再建も可能です。片方の乳頭の先端部分を切り取って移植したり、乳房の皮膚を切り取ってから丸めたものを乳首のあったところに作る方法などがあります。乳房再建にはこのように乳頭と乳輪の再建も含まれますので、施術内容を把握した上で受けましょう。