コンプレックスに捕らわれない|わきが治療で解決

バストの修正

医師と患者

乳輪の縮小

バストにまつわる美容整形と言えば、バストアップが連想されやすいですが、他にもバストの修正は可能です。乳輪が肥大している人や、乳頭が大きく伸びていることで悩んでいる女性は多いからです。大きなバストの人は、同時に乳輪も大きく広がっている傾向が見られます。大きな乳輪を縮小する場合は、周辺を放射線状に切除することでサイズダウンを行います。乳輪を縫い合わせることで、小さくすることができるのです。見た目のバランスも改善されますから、美しいバストに変化します。美容整形外科ごとに、乳輪の切除の方法が異なる場合があります。豊胸などのバストの美容整形に特化した専門医がいるところだと、乳輪切除の完成度や持続性も追求しているのです。

乳頭を小さくする

授乳などで大きく伸びてしまった乳頭も、美容整形で小さくすることが可能です。一回の施術で要する時間は30分から1時間くらいで済みますから、プチ整形感覚で受けられます。乳輪の縮小術が2時間から3時間くらいですから、さらに短くなっていることが分かります。乳頭縮小術には、通常の方法と特別な方法とがあります。どちらになるかは、患者さんの乳頭の状態で左右され、医師が決定します。一般的な方法では、根元を切り取ってから縫合を行います。正面からの見え方を変えたい場合は、もう一つの方法になります。傷跡は多少は残りますが、乳頭や乳輪と同化するので、時間とともに解決していきます。ですから、気にする必要はないでしょう。